治療の経緯

今日は2人目妊活治療の経緯を備忘録として残します。

長いので、

お時間のある方お付き合いください

6月末

卵管造影検査、子宮鏡検査実施。

その後の排卵日にはタイミング取れず、

排卵後2日目くらいにタイミング悪あがき

もちろんリセット。

7月

初めて日本製の排卵検査薬ドゥーテスト購入。

今まではDAVID使っていました。

DAVIDの方が感度が良いみたいで、

排卵日を特定するにはドゥーテストの方がいいかなと思いました。

で、ドゥーテストを使った初日、

いきなり陽性

排卵予想日よりも3日ほど早かったので、

びっくりしてその日の夜にタイミング。

排卵痛かなと思われる下腹部の違和感があったので、おそらくこの日が排卵日だったと思います。

タイミングの2日後、

クリニック受診。

クリニックの院長に診てもらいました。

診察の結果

たぶん排卵

タイミングは良い。

でも排卵後の子宮内膜が64で薄すぎる遠回しに今回も妊娠しないだろうと言われる

今回ダメなら人工授精にステップアップをするつもりで、先生にも伝えていました。

でも、子宮内膜が薄いなら人工授精しても無駄。体外受精にした方がいいと言われ。

予想もしていなかった体外受精

まずは人工授精でと考えていたので、かなりショックを受けました。

人工授精の話もされつつ、

体外受精の資料を渡され、体外受精説明会の話をされ。

トントン拍子に進んでいく展開に

心がついて行けず

とにかく冷静になりたいと思い、

予約は取らず資料だけを持ち帰りました。

妊娠ムリと太鼓判を押されたのと同じ状況でしたが、ルトラールくださいと先生にお願いし、

ルトラールとプレマリンを12日分もらいました。

いくら内膜薄くても、最後まで手を尽くしてくれるものじゃないのか?

私が言わなかったら何も出す気がなかった先生が腹立たしいです

タイミングは良かったとの思いがあったので、

あきらめたくなかった。

それからネットで

内膜を厚くするための方法を検索し、

大豆製品が良いと読んだので、

豆乳と納豆を毎日摂取しました。

納豆は元好きなので、

夕飯に納豆卵で食べてました

豆乳は朝、

パック一本飲んだりして。

ルトラールも飲むし、

着床時期までになんとか内膜厚くなれー!

と必死でした。

そんな風に過ごすこと2週間。

ルトラールは飲むと生理が遅れるので、

高温期13日目の昨日、

妊娠検査薬で判定を見ようと決意。

陰性ならルトラールを飲むのをやめるためです。

ダメなら早くリセットしたい。

残りのルトラールはあと1日分だけだったけど、

1日でも早くリセットをと思っていた。

朝一尿、

DAVIDの妊娠検査薬でフライングしました。

結果。

なんと陽性。

いや、本当か?夢?

信じられませんでした。

はやる気持ちを抑えつつ、

今朝も検査薬使うと陽性。

昨日より濃い陽性です。

陽性が出たので

今クリニックに行ってきました。

この間の院長はいやなので、

話し方の柔らかい先生に診てもらいました。

結果、クリニックでも陽性でした。

まだ明日から4wの超初期なので、

もちろんまだ胎嚢は見えません。

内膜薄すぎと捨て猫同然の物言いをされていたのに、陽性になるなんて

ルトラールくださいと申し出てよかった。

あきらめなくてよかった。

まだ胎嚢も確認できてないし、

心拍も確認できてないし、

この先まだまだ心配事は多いけど、

私もまだ妊娠できるんだと

とても嬉しかったです。

今日はプロゲデポーを打ってくれました。

次回クリニックは来週。

どうか子宮内に胎嚢が確認できますように。

広告を非表示にする