『活版印刷三日月堂』

最近いちばん感動した本が、

ほしおさなえさんの

活版印刷日月堂』です。

読んでいると、

心の奥にしまってある何かが、

そっと顔を出す感じ。

連作短編というか、

スピンオフの風情もあって

楽しいです。

日月堂という拠点があるからこそ、

作品ごとに主人公が変わっても

安定感があるのでしょうね。